岸本畜産 岸本畜産について。岸本畜産についてご紹介いたします。





岸本畜産は京丹波町蒲生野で「京丹波ぽーく」の生産・販売をしています。



img img

株式会社岸本畜産は京都府船井郡京丹波町蒲生野でブランド豚 京都ぽーく(三元豚)の生産、自社ブランド豚 京丹波ぽーく(デュロック種)の生産、販売をしています。先代が、こだわって生産してきた自社ブランド豚、京丹波ぽーくを1人でも多くの皆様に食べていただきたく、家族経営型の小さな会社ではございますが安心安全で美味しいをモットーにスタッフ一同、頑張っています。

img img

商標登録証


岸本畜産 会社概要



株式会社 岸本畜産 代表取締役 岸本 幸子

株式会社 岸本畜産
代表取締役 岸本 幸子

京丹波ぽーくの商標マーク

京丹波ぽーくの商標マーク

社名
株式会社 岸本畜産
代表者
代表取締役 岸本 幸子
本社
京都府船井郡京丹波町蒲生蒲生野286番地
代表電話番号
0771-82-2004
資本金
500万円
従業員数
社員4名 アルバイト2名
事業内容
養豚、卸、販売
沿革
初代 岸本 二三男が戦後、蒲生野開拓に入植、夫婦で農業、畜産(酪農、養豚、養鶏)で小規模農家としてスタート。

二代目 岸本 和雄が昭和52年、養豚1本に子豚生産農場を母豚8頭からスタート。

昭和60年から養豚一貫経営に変え、夫婦、二人三脚で、京都のブランド豚、京都ぽーく100%の生産農家とし、母豚80頭まで拡大し美味しい豚肉にこだわり生産に励む。

さらに美味しい豚肉にこだわり生産効率は悪いが一部、原種豚のデュロック種の生産を始め、平成24年「京丹波ぽーく」を商標登録し、自社ブランド豚としスタート。

同、平成24年小売業を取得し地産地消を目標に、精肉卸、販売をスタート。

二代目が平成27年に病で他界、後任を妻の現代表、岸本 幸子が務め息子夫婦と共に生産、販売を続ける。

平成28年、法人化、株式会社 岸本畜産としてスタートし現在に至る。


主要取引先




サンダイコー様をはじめ、料亭、レストラン、ラーメン屋さんにも使っていただき、高い評価をいただいています。

  • ナムコンセプト(揚記らぁめん)
  • MEAL & BAR すみや
  • 祇園 MIKUNI
  • Trois Fleurs
  • スーパーマーケット サンダイコー (マーケス店・瑞穂店・京北店・下山店・道の駅 味夢の里)
  • 京都養鶏生産組合(ふるさとたまご村)
  • 道の駅 味夢の里